AIの影響と欧州の法律違反疑惑、法的な誤用事例

2024.02.06

WorkWonders

イギリスでは、大学生の半数以上がAIを利用して課題を完成させていると、高等教育政策研究所の調査で明らかになりました。
一方で、AIによるデータの不正確さや「幻覚」について認識していない学生も多く、教師や教育関係者はこの問題に直面しています。
教育の場においてAIがどう活用されるべきか学び、それをどのようにして教職に取り入れるべきかという研究が進行中です。

また、イタリアのデータ保護当局は、OpenAIがEUのGDPR法に違反しているとして、同社に疑問を呈しています。
過去にOpenAIは、イタリアでのChatGPTのアクセスを一時的に禁止されており、個人情報の不適切な取扱いが懸念されています。

さらに、法的文書においてAIが生成した架空の事例を引用してしまう問題も発生しています。
ニューヨークの弁護士は、AIによって作成された判例を信じ、それを確認せずに利用してしまい、その結果、顧客の訴訟が却下される事態に陥りました。
このようにAIを利用する上での注意が必要であり、法律の専門家たちもそのリスクを認識しながらもAIツールを使い続ける傾向にあります。
イギリスでは、AIの規制とイノベーションのバランスに関する議論が続いており、厳しい規制が新たなプレイヤーの参入の妨げになる恐れがあるとの懸念が提言されています。

出典 : https://www.theregister.com/2024/02/05/ai_in_brief/

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :