アメリカの連邦機関、ジェネレーティブAIへの対応を模索

2024.02.07

WorkWonders

アメリカの連邦政府では、ChatGPTのようなジェネレーティブAIの利用に関して、試験導入から技術の一時的な禁止に至るまで、多くの機関が何らかの措置を講じています。
これらの行動はまだ初期段階にありますが、技術への注目が高まる中、連邦当局は規制するだけでなく、最終的にはこれらのAIを活用することを見込んでいます。

市民が主な対象の連邦機関の多数が、ガイダンスの策定、方針の実施、技術の一時的な封鎖など、何らかの形で対応しており、機関ごとにリスクや機会が異なるため、アプローチにはバラつきがあります。

例えば社会保障局やエネルギー省、退役軍人省などは、システム上での技術利用をブロックしています。一方、NASAは安全なテスト環境の確立を進めており、農務省は機関内での利用ケースを検討するための委員会を設立しています。

先日のバイデン大統領の人工知能に関する行政命令では、技術の完全な禁止ではなく、必要に応じたアクセス制限と、様々な用途に対するガイドラインの作成を奨励しています。連邦機関は、ベンダーとの「適切な利用条件」の開発、データの保護、そして「連邦政府情報の濫用防止に向けたその他の措置の展開」に焦点を当てるようにとも指示されています。

出典 : https://fedscoop.com/how-risky-is-chatgpt-depends-which-federal-agency-you-ask/

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :