AIによる執筆詐欺の疑いと科学界の信頼危機

2024.02.07

WorkWonders

ある研究者が提出した論文が、レビュアーからChatGPTによって書かれたとの指摘を受けました。
これにより科学分野の倫理基準やAIの利用についての議論が活発化しています。その研究者は、ラボでの丁寧なデータ管理と研究の透明性を重視しており、
AIを用いて論文を執筆したことはないため、この疑惑には動揺しました。彼はGitHubを通じ、自身の執筆プロセスを証明しようと考えましたが、
それには多くの時間が必要であり、本質的な問題から注意が逸れることに不満を感じています。

この出来事は、科学分野での信頼や倫理に関する危機を表しています。大多数の科学者は他者のデータが真実であると信じているにもかかわらず、
このような疑惑が投げかけられたことで、その信頼が揺らぐことになりました。科学研究社会は、AIが執筆に利用される際の指針を明確にし、
その使用をどのように公表するかについて、基準を設ける必要があるとこの研究者は考えています。これは研究者にとっての課題となると同時に、科学界全体が直面している問題でもあります。

出典 : https://www.nature.com/articles/d41586-024-00349-5?error=cookies_not_supported&code=60951720-7206-474b-b974-f20a5d0f22c6

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :