AI論文の裏側!大学生の新たなカンニング行為

2024.02.08

WorkWonders

生成AIの普及に伴い、学生たちの論文にAI生成の痕跡が見られるようになりました。特定のワードの繰り返し使用はAI利用の兆候とされており、大学ではチェックを強化。一方で、アリゾナ州立大学のようにAIを積極的に導入する動きも。しかし、AIの利用に関するルールの不在、正確な検出ツールの不足が問題になっています。大学の入学審査時にはAI生成文を見抜く専門家も増え、検出技術が進化していますが、AIによる文章誤検知という問題も浮上。AIの進化は止まらず、今後の課題として取り組んでいく必要があります。

出典 : https://gigazine.net/news/20240207-chatgpt-school-applications/

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :