AI論文スキャンダル:科学界の信頼と正義を問う

2024.02.08

WorkWonders

科学者がAIによる文章生成と誤解され、論文の信憑性が疑われる事態が起きた。その科学者は、グローバルチェンジが生態コミュニティに与える影響を研究しており、透明で共有可能なデータ管理と再現性の高い作業に努めてきたが、ある論文がChatGPTの作品だと非難された。
レビュアーによる「明らかにChatGPTによるもの」との指摘や、編集者の「書き方が普通でない」という漠然とした同意表明により、研究者は衝撃と困惑を感じた。しかし、実際にはAIを利用した文章を一切書いておらず、バージョン管理システムGitを用いた執筆履歴を証拠として提出することで、無実を証明しようと考えた。
この出来事は、AIが突如世界に現れたことによって、科学の秩序がいかに容易に揺らぐかを示している。科学者たちは、AIの適切な使用とその開示についての明確な基準を作り、倫理を堅持することで、AIによる科学の腐敗を未然に防ぐべきだと警告している。

出典 : https://www.nature.com/articles/d41586-024-00349-5?error=cookies_not_supported&code=6e821704-09d7-41a4-ae0f-d315408232ad

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :