AI画像の信頼性向上へ、DALL-E 3にウォーターマーク導入

2024.02.09

WorkWonders

OpenAIは、人工知能(AI)が生成した画像の情報の誤解や不信を防ぐために、DALL-E 3に組み込まれるウォーターマークを導入しました。
新たなウォーターマークには、画像が生成された日付やAIツールの情報を含むメタデータが含まれ、C2PAという技術標準を使用しています。
C2PAは、偽情報やディープフェイクの普及に対抗するため、コンテンツの出所と歴史を証明する技術で、アドビやマイクロソフト、BBCなどが使用しています。

このメタデータは、専用のサイトで画像をアップロードすることで確認できますが、ソーシャルメディアなどのプラットフォームでは削除されることが多いです。
にもかかわらず、OpenAIは、画像の質には影響せず、ファイルサイズがわずかに増加することを伝えています。
バイデン大統領の2023年10月の行政命令では、AI生成のコンテンツにはその旨を表示することが義務付けられており、画像のウォーターマークがAIの信頼性を高める一歩とされています。
ただし、この対策だけで万全とは言えません。
例えば中には、意図的にメタデータを除去する者もいるため、注意が必要です。

出典 : https://mashable.com/article/openai-watermarks-chatgpt-images-dalle-3

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :