AI教育革命への現実─学生たちはChatGPTをどう見たか

2024.02.10

WorkWonders

2023年初頭、ChatGPT/AIは教育業界に大きな衝撃を与えました。
ハムライン大学のデイヴィッド・シュルツ教授は、これが教育改革を導くと考え、大学の講義でChatGPTを取り入れました。
生徒たちはディスカッションのためのプロンプトとしてChatGPTを使用し、レポートの下書きやレクチャーの要約に活用しました。
しかし、最終的には生徒たちもシュルツ教授も、ChatGPTのレッスンプランが整理されていないなどの理由から、革命的なツールとしては不満足な結果となりました。
ChatGPTが情報源を示さないことや、Googleと大差ない機能しかないことに批判が集まりました。
特に、事実を捏造する傾向があると生徒たちは認識し、慎重な利用を促すことになりました。
クラスではChatGPTを使う上でのルールを提案するに至りましたが、AIを教室で使うことに対する期待と実際の効果にはギャップがあることが明らかになりました。

出典 : https://www.minnpost.com/community-voices/2024/02/what-my-classes-learned-about-the-chatgpt-revolution/

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

ワークワンダースからのお知らせ

貴社に合わせて、社内向けの生成AI勉強会を開催いたします。こちらからご連絡ください。

著者名 :