AI時代の日本のチャンスとは?駒澤大学の専門家が提言

2024.02.13

WorkWonders

「生成AI」の急速な発展により、AIはもはやSFの世界ではなくなりました。
2023年末には、AI向けの新しい半導体が公開され、通信企業もデータセンターの整備を進めるなど、経済効果が期待されています。
井上智洋教授の著書『AI失業』では、日本がAI先進国となるための施策を解説しています。

特にChatGPTの普及は、日本にとって大きな機会となっています。
世界で3番目にアクセスがあるこの技術は、まだ利用者が少ないかもしれませんが、その可能性は計り知れません。
一方中国では言葉の壁や政府の規制により、独自のAIを使用しており、ChatGPTのようなサービスは利用できない状況です。
日本がこのチャンスを活かし、AI先進国へと踏み出すためには、どのような施策が効果的なのでしょうか。

出典 : https://news.goo.ne.jp/article/toyokeizai/business/toyokeizai-727799.html

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

ワークワンダース社は、生成AIの活用・導入について客観的な立場からご相談に応じています。

生成AIに関するご相談はこちらからご連絡ください。

著者名 :