AIの世界に革命をもたらすか? OpenAIの野望

2024.02.13

WorkWonders

ChatGPTの生みの親であるOpenAIは、日々約1000億語を生成していると、創設者のサム・アルトマン氏が明かしました。
これは地球上の人々が生み出す推定100兆語には遠く及ばないものの、ChatGPTは2022年末のローンチ以来、急成長を遂げ、週間利用者は1億人を超えています。

アルトマン氏によると、より優れたAIモデルのトレーニングに必要なグラフィック処理ユニット(GPU)を増やす必要があるとのことです。
あるフォロワーがCPUよりもGPUが必要だと提案すると、アルトマン氏は半ば冗談交じりに、人口を増やすのではなく、GPUの数を増やすべきだと述べました。

最終的には、人工知能の発展に先立ち半導体業界を形作るため、壮大な規模の資金調達を行なう噂も流れています。
これにより、AI開発者は新たなGPUの作成に投資することができるのです。アルトマン氏は、自身の知識に限界があるとしながらも、同僚であるトレバー・キャット氏なら、これらの話題について詳しく答えることができるでしょう。

出典 : https://www.yahoo.com/tech/chatgpt-creators-openai-generating-100-170754043.html

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

ワークワンダースからのお知らせ

貴社に合わせて、社内向けの生成AI勉強会を開催いたします。こちらからご連絡ください。

著者名 :