AIの未来と課題:OpenAIのCEOが語る

2024.02.14

WorkWonders

ドバイで開催された世界政府サミットにて、ChatGPTを手掛けるOpenAIのCEO、サム・アルトマン氏がビデオ通話を通じて、人工知能(AI)の急速な進歩に対する危険性について語りました。
AIによる社会的な微妙な不一致が暴走の原因になり得ると警鐘を鳴らす一方で、AI産業を規制する際には業界自身が主導権を握るべきではないと主張。
国際原子力機関のような組織の設立を提案し、世界的な協力による実行計画が必要だと訴えました。
さらに、AIがまだ幼い段階にあることを指摘し、教育の場ではすでにこの技術が重要であると受け入れられつつあると強調。
アブダビの企業G42は、世界をリードするアラビア語のAIモデルを持つなど、この分野での進歩が注目されていますが、スパイ疑惑なども浮上しています。
アルトマン氏は、現在の技術が初期段階にあることを比喩し、数年後には大幅に改善され、10年以内には目覚ましい進化を遂げるだろうと展望を語りました。

出典 : https://abcnews.go.com/International/wireStory/openai-ceo-warns-societal-misalignments-make-artificial-intelligence-107181948

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :