プライバシー問題に直面するチャットボット、企業と政府の対応は?

2024.02.16

WorkWonders

イギリスの福祉・年金支給部門であるDWPは、従業員によるChatGPTなどの公共AIアプリケーションの使用を禁止しました。
これは、私的情報の取り扱いに関連するデータプライバシーに対する懸念が高まっている中での措置です。ChatGPTは使用者の情報を収集し、訓練に利用していますが、個人の詳細情報が外部に共有されることへの不安が指摘されています。
イタリアのデータ保護機関は、OpenAIにEUのデータプライバシー規則違反を告発しています。
一方で、イギリス政府はAI技術の規制に関しては穏便な姿勢を取り、EUの厳格なAI法とは対照的なアプローチを推進しています。
OpenAIはビジネスに訴えかけるために、データとプライバシーへの懸念を少し和らげた企業向けバージョンを提供しており、どのような企業がこれを採用するかが注目されています。

出典 : https://fortune.com/europe/2024/02/14/uk-government-dwp-social-security-banned-staff-using-chatgpt-microsoft-copilot/

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :