新国立競技場のもうひとつの東京、AIが紡ぐ未来小説『東京都同情塔』

2024.02.18

WorkWonders

AIとともに生きる別の東京を描いた『東京都同情塔』は、第170回芥川賞に輝いた作品です。
ザハ・ハディド氏が手がけた新国立競技場を舞台に、AI-Builtと名付けられた人工知能が人々の日常に溶け込んでいます。

この小説を執筆した九段理江氏は、実際にChatGPTを使用し、AIを活用する新しい創作方法を採り入れました。
自らも小説を書き始めた経緯や、受賞作品の背景に迫る秘話が興味を惹きます。
純文学に青春を捧げた作者の苦悩と挑戦が、読者の心を打つでしょう。

出典 : https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00134/021400383/

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :