「GPT」商標登録却下!OpenAIの挑戦とは?

2024.02.18

WorkWonders

OpenAIが提出した、AIモデル「GPT」関連の商標登録が米国特許商標庁により却下されました。これは、「GPT」という言葉が一般的な説明に過ぎないと判断されたためです。

GPTは「Generative Pre-trained Transformer」の略称で、元々はGoogleが開発した技術です。AI界隈での”GPT”の使用が広がる中、OpenAIは独自性の確立を目指していましたが、

当局からの拒否通知には、「説明的であるため登録不可」との理由が述べられています。さらに、OpenAIはこれに異議を唱える期間も持っており、独自にブランド保護活動も進めているという背景があります。

商標登録が認められずともOpenAIが取るべき次の一手に注目が集まっています。

出典 : https://gigazine.net/news/20240216-gpt-trademark-openai-denied/

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :