言葉でAIを動かす技術:プロンプトエンジニアリングの全貌

2024.02.20

WorkWonders

プロンプトエンジニアリングは、特定のコンテキストにおいてAIに望ましい応答を促すための命令文を設計する技術です。
科学、芸術、プログラミングなどの分野で用いられてきましたが、特に大規模言語モデル(LLM)との対話において重要視されています。
命令(インストラクション)、追加情報(コンテキスト)、入力データ、出力形式(アウトプットとスタイルフォーマット)など、明確かつ簡潔にAI指示をすることで良質な応答が期待できます。
CO-STARフレームワークはこの考えをさらに発展させ、文脈(Context)、目的(Objective)、スタイル(Style)、トーン(Tone)、対象者(Audience)、応答(Response)の6つの要素で構成されています。
この枠組みによって、AIにより適切なタスク実行や応答を引き出すことが可能になります。
複数の研究やガイドラインがこの分野の知見と技術を深化させ、誰でもAIと効果的に対話できるように支援しています。

出典 : https://medium.com/@2twitme/best-prompt-techniques-for-best-llm-responses-24d2ff4f6bca

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :