ChatGPTの進化:快適な対話のための記憶機能と文脈理解

2024.02.20

WorkWonders

OpenAIは、ChatGPTに会話内容を記憶させる新機能を開発しました。これにより、ユーザーが繰り返し同じ文脈情報を提供する手間を減らし、より役立つチャットを実現します。ユーザーは何を記憶し、何を忘れさせるかを指示でき、また、この機能を完全にオフにすることもできます。
記憶機能が有効になっていると、ユーザーは設定メニューから記憶内容を管理することが可能で、特定の記憶を削除または全てクリアすることができます。対話を削除しても、関連する記憶は消えないことに注意が必要です。
また、チャットの内容を理解するために欠かせない「文脈」は、従来は都度ユーザーが提供していましたが、ChatGPTの進化と共に、柔軟で明確な指示や記憶によって、より緻密な対話が可能になっています。
特に企業向けのChatGPT Enterpriseは、より広範な文脈を把握できるため、一般のChatGPT-4よりも高い文脈理解を実現しています。OpenAIは、カスタム指示を超えた、より一般的で柔軟な機能提供を目指しています。

出典 : https://www.infoq.com/news/2024/02/openai-chatgpt-memory/

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :