ターゲットを絞った政治広告のリスクとAIの可能性

2024.02.21

WorkWonders

ソーシャルメディアは、非常に精密にターゲットを絞った政治広告に晒される場所となっています。人工知能(AI)を利用することで、選挙戦におけるオンラインキャンペーンの影響力を拡大させることが可能になります。
個々の人々に合わせたメッセージング、いわゆるマイクロターゲティングは、過去の選挙で大きな効果を発揮しました。この手法は2018年に、アメリカをはじめとする国々で活動していた政治コンサルティング会社ケンブリッジ・アナリティカの仕事がジャーナリストによって暴露された時に、大きな話題となりました。
このようなデータに基づく個別のメッセージングは、民主主義に与える影響が議論されており、個人のプライバシーの侵害や選挙に対する公平性が問題視されています。高校生のみなさんも、インターネットで目にする情報に疑問を持つきっかけとなるでしょう。

出典 : https://www.newscientist.com/article/2417584-chatgpt-can-tailor-political-ads-to-match-users-personalities/

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :