Googleの革新的AI「Gemini」、株式市場を変革か

2024.02.21

WorkWonders

Googleは、OpenAIのChatGPTに対抗するため、元々「Bard」として発表されたAIアプリの名前を変更し、より強力なAIモデル「Gemini」に置き換えました。GeminiにはNano、Pro、Ultraの3つのサイズがあります。特に、Ultraモデルは最も複雑なタスクを処理可能であり、多くのベンチマークでOpenAIのGPT-4を上回りました。
2024年の今まで同社の株価は小幅に上昇していますが、この新しいAIアプリが株式を明確な購入選択にするかどうかはまだ明確ではありません。

Geminiの最大の特徴は、Googleの他のアプリとの統合です。これにより、将来的に完全自動化されたAIエージェントへと展開する可能性があります。また、これはGoogle Cloudのビジネスにも良い影響をもたらす可能性があると見られています。
しかし、アナリストはGeminiの発表だけではAlphabet株を購入する明白な理由にはならないと述べています。それでも、同社はAI開発の最前線に留まる意欲を示しており、今後もっと強力なバージョンが登場することが予想されます。
そのため、長期的にはAlphabetがAIを通じて大きな前進を遂げる可能性があり、現在の株価評価も次の10年以上の見通しを考慮すると妥当であるとされています。

出典 : https://finance.yahoo.com/news/does-googles-chatgpt-beating-artificial-105000468.html

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :