AIの創造性と人間のクリエイティビティーの境界

2024.02.23

WorkWonders

AIと創作の未来について、1年半AIを用いてイラスト生成に励んだ著者が、自らの経験を基に提起する考察です。
AIは素晴らしい作品を生成するが、そのプロセスには「ナラティブ」、つまり物語性が欠けていると著者は述べています。
それはプログラムによって出力されるため、ランダムな要素が多く、AIで描かれる絵には確固たる動機やメッセージが含まれていません。
一方で、人間の創作活動は自らの世界観や意図を表現することができるため、完全なオリジナリティーを持ち得るという点でAIとの大きな違いがあります。
また、著者は自ら絵を描くことによって、「世界の一部を自分のものにする」という創作の快感に気づくことができましたが、AI生成作品にはそのような感覚はないと感じています。
しかし著者は、AI技術の進化を肯定的に捉えており、人間がその可能性を最大限に活用すべきだと説いています。
そうすることで、AIは単なる道具ではなく、人間の創造性を拡張する手段となり得るのです。

出典 : https://note.com/jun_yama555/n/n6e8769fe2c44

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :