神出鬼没!? ChatGPTの不思議なバグに迫る

2024.02.24

WorkWonders

2024年2月のある日、OpenAIが運営する会話型AI「ChatGPT」に異変が発生しました。
技術ビジネスやジョブ関連の質問に対し、ユーザーは通常通りの答えを期待していましたが、ChatGPTは謎のシノニム混乱を起こしたかのように無意味な言葉を並べ立てる始末。
一部のユーザーは、無料版のChatGPT 3.5には問題がなく、有料ユーザーのみが影響を受けていたとRedditで指摘しています。
OpenAIは翌日には状況を把握し、バグの原因を特定。
ユーザー体験の最適化の過程で起こった言語処理のバグで、AIの「言葉」とは数値に対応するトークンで構成されており、モデルが間違った数値を選択することで意味不明な単語の並びが生成されていたのです。
OpenAIは原因を特定後、速やかに修正を行い問題を解決しました。
この一件についてOpenAIから公式な声明も発表されており、現在は全システムが正常に機能しているとのことです。
不可解で驚くべきChatGPTのバグ劇、未来のAIテクノロジーにはまだまだ未知の挑戦が待ち受けていることでしょう。

出典 : https://mashable.com/article/openai-chatgpt-meltdown

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :