AIによる法律費用試算は法廷で退けられる

2024.02.24

WorkWonders

ニューヨーク市に対する特別教育に焦点を当てたCuddy Law Firmという法律事務所が、注意欠如・多動性障害と他の障害を抱える子どもを代表して訴訟に勝利した後、法律費用の請求を行いました。
事務所はChatGPTからのフィードバックを「他の理由づけをサポートするクロスチェック」と主張して、11万3千ドル以上の費用と利息を求めましたが、
ポール・エンゲルメイヤー連邦裁判所判事は、AIツールの使用を厳しく批判し、僅かに5万3千ドル以上を支払うとの判決を下しました。

エンゲルメイヤー判事は、法律事務所がChatGPTの結論を専門性や顧客のニーズに応じた合理的な請求額の目安として扱うことは誤りであると述べ、このツールの信頼性に大きな変化が生じない限り、将来的な法律費用の要求での言及を控えるよう警告しました。
また、法律界ではAIの影響をどう捉え、どのように組み込むかという問題があり、裁判官は技術の法廷での使用方法を明確にする作業をしています。
この決定は、ドナルド・トランプ元大統領の弁護士であったマイケル・コーエン氏が、AIによって生成された偽のケースを含む意見書を提出した事件など、他のケースを参照しています。
エンゲルメイヤー判事は、ChatGPTによる結論を却下し、信頼性が劇的に向上しない限り、ChatGPTへの参照を今後の法律費用の請求で控えるよう警告しています。

出典 : https://news.bloomberglaw.com/business-and-practice/lawyers-use-chatgpt-to-add-up-fees-judge-faults-their-math

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :