AIによる弁護士報酬計算は誤算?ニューヨークの法律家が裁判所に提出した費用請求が却下される

2024.02.24

WorkWonders

ニューヨークの法律事務所パートナーであるマイケル・カディ氏は、チャットGPTを使って彼の時間給を計算し、創造性を発揮しましたが、裁判所に提出した11万3500ドルの請求は、ジェネレーティブAIツールに基づいた550ドル/時間という請求を判断した裁判官によって半額に減額されました。

ポール・エンゲルメイヤー地方裁判官は、カディ法律事務所がChatGPTを援用したことを「全く説得力がない」とし、その請求は「妥当な要求を大幅に上回る」と述べました。

さらに、法律事務所がChatGPTに基づいてどのデータポイントを使用し、それが「現実的かつ関連性の高いもの」なのか、単なる想像上のものなのかを特定していない点や、AIが情報を捏造する傾向にも直接言及しました。

マイケル・カディ氏は、ニューヨーク市教育局を相手取り、ある母親と彼女の特別なニーズを持つ子どものために訴訟を成功させました。通常、原告が費用を負担するべきですが、特定の条件下では、勝訴すれば「妥当な弁護士費用」を地方裁判所から親に支払うことを命じることができます。

エンゲルメイヤー裁判官は、カディ氏やOpenAIのチャットボットを業務に大きく依存しようと考えている他の弁護士へ、このツールの信頼性に大きな変化がない限り、将来の費用請求からChatGPTへの言及を省くべきだとアドバイスしました。

出典 : https://fortune.com/2024/02/23/chatgpt-openai-new-york-city-lawyer-michael-cuddy-billing-rate/

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :