AI革命とマーケティングの未来

2024.02.25

WorkWonders

富士通の山根宏彰氏によると、AIの進化が業務の効率化をもたらすだけでなく、メディアや企業と生活者との関わり方を根本から変える可能性があるといいます。特に今回取り上げられたのは、商業施設の宣伝を例にしたマーケティングの戦略。
ジョブ理論とAIを組み合わせることで、顧客層の「ジョブ」(求めていることや解決したい課題)を特定し、効果的な広告を打ち出す手法が説明されています。
実際にAIでキャッチコピーを生み出し、最適な広告戦略を練る様子は、今後の広告のあり方を予言する新たなアプローチと言えます。
月刊『宣伝会議』2023年11月号に掲載されたこの記事では、データ解析を駆使してその効果も検証し、マーケティングへの実践的な応用を探っています。

出典 : https://www.advertimes.com/20240221/article449560/

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :