AIの誤情報が招く社会的影響とは?:OpenAIのソフトウェアが再び炎上

2024.02.25

WorkWonders

人工知能ChatGPTがイスラエルでのハマスによる強姦事件について、証拠がないと答えたことがソーシャルメディア上で大きな物議を醸しました。
このAIは、2022年1月までの情報しか持っておらず、実際の事件については知識がないという事実が後になって明らかになりました。
さらに、GoogleがAIソフトウェアGeminiの誤動作で問題を起こした後、こうしたAIの対応に対する厳しい目が増加しています。
Geminiは、AIらしく見えない歴史上の人物の多様な描写を生み出しましたが、その基準は明確でないままです。
OpenAIは新たなビデオ生成ツールSoraを発表しましたが、こちらもまた、誤情報や偏見の拡散リスクを抱えています。
AIの発展は多くの可能性を秘めていますが、同時に、歴史の書き換えや偽情報の拡散の危険性を指摘する声も高まっています。
これからの選挙等にどのような影響が出るのか、慎重な監視が必要とされています。

出典 : https://nypost.com/2024/02/23/business/why-chatgpt-comes-up-blank-about-hamas-rapes-on-oct-7/

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :