AI法廷大混乱:チャットGPTで裁判を左右する?

2024.02.25

WorkWonders

NYCの連邦地方裁判所のポール・エンゲルメイヤー裁判官は、ニューヨークのカディ法律事務所がチャットボットを利用して法律サービスの費用を正当化しようとしたことに鋭い批判を加えました。
彼らの独特な業務には合わず、このアプローチは完全に誤りだと指摘。法律事務所は、裁判で勝訴した後の相手方から受け取るべき高額な費用の正当性を支持するために、信頼性に欠けるとされるチャットGPT-4を用いましたが、裁判官はその金額の約半額のみを認め、さらにその手法への批判を加えました。

カディ法律事務所は、AIツールからのフィードバックをもとに、要求する時間当たりの費用が妥当であると主張しました。
しかしながら、エンゲルメイヤー裁判官は、チャットGPTの出力を用いたその理由に説得力がないと判断しました。
法律事務所は、著しく変革しない限り、今後の費用請求においてAIの使用を控えるようアドバイスされています。
さらに、この問題は単一事例にとどまらず、法律業界全体でAIによって生じる誤導が指摘されています。
最終的に、カディは要求額の約半額、53,050.13ドルしか認められませんでした。
AIが法律補助員を代替する日は、まだ遠い未来の話のようです。

出典 : https://www.theregister.com/2024/02/24/chatgpt_cuddy_legal_fees/

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :