Nvidia CEO、知られざるAIチャットボット「Perplexity AI」を使用―AI技術の最前線を走る

2024.02.26

WorkWonders

Wiredのインタビューにて、NvidiaのCEOジェンセン・ファンが、自身のお気に入りのAIチャットボットとして「Perplexity AI」を利用していることを明かしました。他のツール、例えばChatGPTやBardについて尋ねられた際、ファンはこのあまり知られていないチャットボットを好むと示しました。
彼はPerplexity AIとChatGPTを「ほぼ毎日」使っているとされ、特にコンピューター支援による薬物発見に興味を持っているようです。Perplexityが「世界初の会話型回答エンジン」と自称し、簡単なUIや進化した検索機能を備えるその魅力もうなずけます。
また、Nvidiaは2024年1月にPerplexity AIの資金調達に参加しており、ファンCEOが同製品を探求しているのも不思議ではありません。話題は「AI工場」やチップ産業の未来にも及んでおり、TSMCのトップとの議論や先端技術にも触れています。このインタビューで、AIとその応用技術の最前線にいる一人としてのファンCEOの視点を垣間見ることができます。

出典 : https://www.tomshardware.com/tech-industry/artificial-intelligence/nvidia-ceo-jensen-huang-uses-perplexity-ai-almost-every-day-chatgpt-is-also-a-favorite

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :