AIの人種バイアス問題:グーグルが謝罪

2024.02.27

WorkWonders

GoogleのGemini AIが歴史的に不正確な画像を生成したり、白人の画像の表示を拒否したため、公開謝罪に至りました。
この問題は、他の大手テック企業のチャットボットにおいても同様の人種バイアスが懸念されています。
例えば、Gemini AIは白人の画像を「ステレオタイプを助長する」として拒否し、他の人種については、多様性と成果を称賛する画像の提供を申し出ました。
しかし、家族の画像や、特定の人種の重要人物のリストを要求するプロンプトでは矛盾した応答が見られました。

MicrosoftやChatGPTは、要求された画像や情報をバランス良く生成し、各人種の成果や歴史的人物について問題なく回答しましたが、その中にもバイアスを考慮して異なる免責事項を付け加えたものもありました。
Googleはこの問題を受けて、画像生成機能を一時停止し、改善を図ると述べており、他の企業からのコメントはまだありません。

出典 : https://www.foxbusiness.com/media/racial-bias-artificial-intelligence-testing-google-meta-chatgpt-microsoft-chatbots

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :