AIと著作権の境界線:ニューヨーク・タイムズ対OpenAI

2024.02.28

WorkWonders

OpenAIはニューヨーク・タイムズが提起した著作権侵害の訴訟の一部を棄却するよう連邦裁判所に要請しています。
裁判所に提出された書類の中で、同社はニューヨーク・タイムズ紙がOpenAIのチャットボットChatGPTなどを不正に操作し、訴訟のための誤解を招く証拠を生成したと主張しています。
これによると、ニューヨーク・タイムズはOpenAIの利用規約に明らかに反する「欺瞞的なプロンプト」を通じて技術を使い、記事の内容を再現させたとしています。
しかし、OpenAIはニューヨーク・タイムズ紙がハッキング法を犯したとは非難していません。

昨年12月、ニューヨーク・タイムズはOpenAIとその最大の資金提供者であるMicrosoftを訴え、彼らが無断で何百万もの記事を利用し、チャットボットを通じてユーザーに情報を提供するためのトレーニングを行ったと主張しました。
今回の訴訟は、AIトレーニングが著作権法におけるフェアユースとみなされるかどうかという重要な問題に焦点を当てており、産業の将来を脅かすものとなっています。
裁判所はまだこの問題については決定しておらず、一部訴えはAIが生成したコンテンツが著作権作品に似ているという証拠がないために却下されています。
OpenAIは、日常的にChatGPTを使いニューヨーク・タイムズの記事を簡単に引き出すことができないと反論しています。
同社はさらに、最終的にはAI企業がフェアユースに基づいて勝訴するだろうとも述べています。

出典 : https://nypost.com/2024/02/27/media/openai-says-ny-times-hacked-chatgpt-to-build-copyright-suit/

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :