AIの公平な使用:どこに線を引くべきか

2024.02.29

WorkWonders

近ごろ、創造的なAIの適正な使用についての議論が多く見られます。教育機関や企業によって、AIを活用する姿勢はまちまちです。言語モデルとして知られるAIツール、特にChatGPTの使用は注目を集めているため、本記事ではその利用基準に焦点を当てたいと思います。

研究支援としてのAIの使用は、既存情報の1つとして取り入れる分には一般的に受け入れられています。AIによる文法や文章構成のチェックは、多くの場合問題ないとされていますが、学校のレポートのように個人の能力を評価されるべき課題では、AIの助けを借りることは適切ではありません。

コーディングの支援としてAIを使用することも、注意点を踏まえれば大抵は許容されるといえるでしょう。ただし、生成されたコードは自分の名前で提出するものであるため、慎重にチェックし、テストすることが重要です。

内容を原則として自分で作成すべき文書や記事、コードにおいて、AIに多くの部分を依存している場合は、その事実を透明にする必要があります。結局のところ、AIの使用に関しては、どのレベルで協力を得たかについて正直かつ透明性を持って伝えることが、公平に保つためのシンプルなルールと言えるでしょう。

出典 : https://medium.com/analytics-matters/using-generative-ai-when-is-it-fair-or-foul-80a07c3eaa3d

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :