AIが語る現代と未来: 便利さと潜在リスクのはざまで

2024.03.02

WorkWonders

Chat GPTは、数ヶ月前に生成した文には錯誤があることもありましたが、言語エンジニアリングの傑作として高く評価されています。しかし、AIが流暢に話すことと信頼性は必ずしも一致しません。たとえば、Chat GPTは11世紀のアングロサクソンやノルマンの貴族についての知識を持っているものの、時には関係性を誤って説明することがあります。

この技術は、提案書やプログラムなどを説得力をもって書く手助けをしますが、その内容が真実である保証はありません。こうしたAIとの対話は楽しいものですが、情報の正誤を見極めることは今後さらに重要になるでしょう。

また、Chat GPTを教育現場で利用することへの懸念や、環境費用への影響についても話題になっています。長らく言語モデルに携わってきた専門家として、AIテクノロジーの効果的かつ責任ある利用を呼びかける私の見解も述べられています。

出典 : https://dwiddows.medium.com/chat-gpt-fluently-true-fluently-false-here-to-stay-245993403360

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :