AIの進化と倫理的使用:科学界におけるチャットGPTの影響

2024.03.02

WorkWonders

ChatGPTは公開から一年以上経った今も、科学界で大きな注目を集めています。AI技術を駆使したこのツールは、研究者たちが論文や助成金の申請書を書く手助けとして広く用いられており、使いやすさが向上したことで、研究執筆の民主化を促進しました。
科学雑誌への投稿数が増加する中、編集者や査読者の負担も増しており、「公表か滅亡」の現状を変える必要があるとの声もあります。
研究者はChatGPTを倫理的に利用する一方で、人工知能は責任を負うことができないため、著者としては認められていません。
出版社や査読者はAIによるテキストの検出に苦労していますが、科学者はLLMの検出ツールを開発し続けています。
技術の急速な発展に伴い、研究界は質の高い科学を目指す体系へのシフトが求められています。

出典 : https://www.nature.com/articles/d41586-024-00592-w?error=cookies_not_supported&code=109ecd40-ae07-4792-a24f-0137470a3f93

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :