AIのジレンマ:進化するチャットボットと企業の挑戦

2024.03.02

WorkWonders

最近、GoogleのチャットボットGeminiが、多様な人種の画像生成に固執していることが話題になりました。
ユーザーは教皇やナチスに関する固有のイメージを求めましたが、Geminiはその要求に応えられず、場合によっては不適切な回答をしてしまうことも。
この問題を受けてGoogleは、人物画像の生成機能を停止すると発表しました。
AIは日進月歩で進化していますが、その用途や進化が葛藤の元になっています。
特定のタスクに特化したAIは比較的容易に受け入れられていますが、全能を装う一般用途のチャットボットは、客観性や偏りなどの問題に直面しています。
OpenAIのChatGPTや、事故を起こしたGeminiのように、これらのAIは企業の価値観や政治的な余波と戦いながら、将来の検索ビジネスを形成しようとしています。
汎用AIが低下する一方で、特定の目的に合わせたAIは実用性を増しており、これからのAIの道筋に疑問が投げかけられています。

出典 : https://nymag.com/intelligencer/article/chatgpt-and-google-gemini-are-both-doomed.html

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :