経済政策の言葉が市場に与える影響:中央銀行コミュニケーションの解析

2024.03.03

WorkWonders

経済政策のコミュニケーションがどのように経済に影響を及ぼすのか、そして中央銀行が小規模ビジネスや住宅セクター、政府財政についてどのような発言をしているのかについて調査します。本記事では、中央銀行のコミュニケーションを解析するために開発された、最先端の経済エージェント分類器「CentralBankRoBERTa」を紹介します。
このモデルは、実際の中央銀行文書から収集した文に基づいて、経済の各主体である家計、企業、金融セクター、政府、中央銀行自身を判別します。さらに、文の感情的な内容を二肢分類で識別し、文脈に対応した経済センチメントを見出します。
また、経済理論や政策に影響を与えるナラティブ(物語性)と市場動向の関係に光を当てます。例えば、「給与が予想を超えて上昇」という文は、家計にとっては肯定的ですが、企業にとっては否定的と判断されるかもしれません。このような複雑な文脈を考慮しながら、経済情報の分析を行うことの重要性を示すモデルです。
さらに、本モデルの使い方や将来の研究の可能性についても説明し、経済モデルに新たな次元を追加することが、今後の経済挑戦に対処する上での重要なツールであることを提案します。

出典 : https://towardsdatascience.com/centralbankroberta-an-llm-for-macroeconomics-deccd9570212

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :