AIの未来を切り拓く、驚異のベンチャー企業とは?

2024.03.04

WorkWonders

突如として生成AIコミュニティを揺るがした、カラクリ社開発のKarakuri-lm-70bが話題です。
このモデルは、他の国産LLMと異なり、物語生成や質問応答において圧倒的な性能を見せており、一部ではGPT-4をも超えるとの声も上がっています。

ただ数名の社員によるわずか三日間の開発期間とは思えないその性能の秘密は、技術力のみならず、優れた経営判断にありました。
AWSが開発したTrainiumを使い、高価なGPUを使用せずに低コストでの学習を成功させたのです。

経済的なハードルが高いとされる生成AI開発ですが、カラクリ社の成功は、限られたリソースをもっても高品質なAIを生み出せる可能性を私たちに示しています。
今後、この小さなベンチャーの挑戦が、AI技術の進化とどのようなインパクトを与えるのか、目が離せません。

出典 : https://wirelesswire.jp/2024/02/86044/

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :