AIの無断学習に規制を設ける―文化審小委員会が新指針案を検討

2024.03.04

WorkWonders

AIが人間の創作物を無断で学習し、新たな作品を生成することに対する問題意識が高まっています。特に、著作権の侵害が顕著な事例として問題視されており、これに対する対策が求められている状況です。

そこで文化審議会の小委員会は、AIによる無断学習を抑制するための「考え方」を示す大筋の了承に至りました。この新たな指針は、創作物の保護を強化し、AIによる無断使用を適切に規制する内容となっています。

今後、この指針がどのように具体化され、実際の規制に繋がるのかが関心を集めています。創作者の権利を守るとともに、技術の発展とのバランスをどのように取っていくのか、高校生を含む様々な世代の人々が注視しているトピックです。

出典 : https://news.yahoo.co.jp/pickup/6493268

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :