AI時代の著作権問題とクリエーターの権利

2024.03.04

WorkWonders

文化審議会小委員会は、AIによる機械学習の際、著作権者の許可は不要との立場を保ちつつ、権利侵害を示し問題提起しています。AI技術の発展に期待する声がある一方で、クリエーターたちは自身の作品が無断で学習されることへの懸念を隠せません。
文化庁が公募した意見では、AIの過剰な規制が進化を妨げるとの意見と、権利保護を求める声の両方が寄せられました。このような中、「機械学習が権利を侵害しない」との論議は現実離れしており、AIの利用と著作権保護のバランスをどう取るかが今後の大きな課題です。

出典 : https://mainichi.jp/articles/20240229/k00/00m/040/269000c

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :