AIが実現する次世代プログラム実行:関数呼び出しの変革

2024.03.05

WorkWonders

現代のプログラミングでは、関数を通じてタスクを委任することが一般的ですが、大規模な言語モデル(LLM)の領域でもこの概念が導入されています。
関数呼び出しにより、LLMはデータベースやウェブサービスなどの外部ツールとやり取りし、ユーザーの要求に応じた操作を外部に委ねることが可能になりました。
この記事では、関数呼び出しを用いてLLMがどのようにして独立したエージェントとして機能するか、具体的な例とともに紹介します。
しかし、セキュリティの問題や複雑な問題への適用性、ブラックボックス化のリスクなど、考慮すべき限界と責任も存在します。
安全性や精度の高いAIの需要が増える中で、使い方を進化させていく必要があります。
この技術の全容を解説する次のブログもお楽しみに。

出典 : https://medium.com/@2twitme/llm-beyond-its-core-capabilities-as-ai-assistants-or-agents-704ffb972934

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :