AIとビジネスの融合:次世代の企業戦略

2024.03.05

WorkWonders

人工知能(AI)と機械学習(ML)は、技術の急速な進展の中で、革新や効率、競争力を高める中心的な力として現れました。企業の意思決定者や技術担当者は、これらの技術を理解し、ビジネス戦略に組み込むことが求められています。
特に、大容量言語モデル(LLM)の活用により、顧客サービスや業務自動化の改善が可能となります。たとえば、顧客からのメールの自動分類や回答の準備など、LLMを利用して繰り返し行う作業から従業員を解放することができます。
企業固有のデータを活用することで、より正確でカスタマイズされたユーザー体験を提供し、企業の既存のAPIと統合することも可能です。この過程で、AIに関するさまざまな技術やフレームワークが用いられることも多く、複雑なタスクを効率良く処理できるようになっています。
しかし、機能的なプロトタイプから完全に産業化されたソリューションへの統合コストも考慮する必要があります。AIの多くの利点に目が向けられがちですが、既存技術も有価値な選択肢であることを忘れてはなりません。

出典 : https://towardsdatascience.com/leveraging-large-language-models-for-business-efficiency-b06cb943a286

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :