未来のコンピューティングを拓く「量子コンピューティング」

2024.03.06

WorkWonders

スペインに拠点を置くスタートアップ、マルチバース・コンピューティングが、量子コンピューターの応用分野の市場への進出に向けて、約27億円の資金調達に成功しました。
この資金は、製造業や金融業などのスタートアップとの連携強化、そしてAI企業と大規模言語モデルの運用においてより密接に協力するために使用されます。

量子コンピューターの技術原理を用いて複雑な計算を行うソフトウェアプラットフォーム「シンギュラリティ」は、エネルギーからサイバーセキュリティ、防衛に至るまで多岐にわたる産業でのモデリングや予測アプリケーションの最適化に使われる見込みです。
特に、AI分野では大規模言語モデルを効率的に圧縮する新製品「CompactifAI」が注目されており、情報処理のスピードと信頼性の向上が期待されます。

会社が提供するAPIを通じてアクセス可能なサービスは、正確な結果を維持しながら80%以上もの圧縮を実現すると主張しており、これが事実であれば業界の大きなボトルネックを解消し、企業にとってのプロセッサの購入と利用方法に大きな影響をもたらすかもしれません。
マルチバース・コンピューティングの設立は、量子と金融技術の探求から始まり、今や複数の分野に拡大して成功を収めています。

出典 : https://techcrunch.com/2024/03/04/multiverse-computing/

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :