Andrej Karpathyの新たな挑戦: シンプルなC言語でLLMを学習

2024.05.01

WorkWonders

[Andrej Karpathy]氏は最近、純粋なC言語でLLM(大規模言語モデル)の訓練に特化したllm.cというプロジェクトを公開しました。
これは、巨大な開発環境に依存しなくてもこれらのツールを使えることを再度示しています。GPT-2は古いモデルですが、現代のLLMの先駆けであり、より現代的なモデルにはっきりとした遺伝子を受け継いでいます。

LLMは、本当は話している内容を理解していないにもかかわらず、優れたコミュニケーション能力を持っています。通常はPyTorchというディープラーニングライブラリに依存して訓練されますが、Pythonで書かれています。llm.cプロジェクトは、もっとシンプルなアプローチを採用しており、GPT-2のニューラルネットワーク訓練アルゴリズムを直接実装しています。
その結果は、約千行のC言語コードで構成された非常に集中力のあるもので、驚くほど短かいです。このプロセスは、より大きくごちゃごちゃした方法と同じことを成し遂げる、非常に洗練されたものです。完全にCPU上で実行することもできますし、GPUアクセラレーションが利用可能であればその恩恵を受けることもできます。

[Andrej Karpathy]氏がこの種の概念を最小限の実装にまで煮詰めるのは今回が初めてではありません。私たちは以前、彼のプロジェクトの一つである、GPT(生成前訓練トランスフォーマー)モデルの仕組みを低レベルで洞察する「hello world」と称される極小モデルについても取り上げました。

出典 : https://hackaday.com/2024/04/28/train-a-gpt-2-llm-using-only-pure-c-code/

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :