AIによる著作権侵害問題、画像生成に巻き込まれたグーグルへの集団提訴

2024.05.01

WorkWonders

米グーグルが開発した画像生成AI「Imagen」が著作権で保護された作品を無断使用したとして、
被害を受けた写真家や漫画家が集団で損害賠償を求め、カリフォルニアの裁判所に訴えを起こしました。
彼らは、同社が著作権物を不正にAIの学習に使った責任を追及し、損害賠償とデータ破棄を要求。
この問題はグーグルに限らず、AI技術の進歩が著作者の権利を脅かす具体的なケースとなっています。
AIの倫理的な使い方が、これからの技術進化の重要な鍵を握っていることが浮き彫りになっています。

出典 : https://jp.reuters.com/economy/industry/LC2XBRKIYZMT5BKWXXVWFU63FE-2024-04-30/

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :