AIの未来は光る? 企業のAI導入が抱える現実

2024.05.02

WorkWonders

ChatGPTやGeminiなどが注目される昨今、企業幹部はAIの黎明期を超えた普及を望んでいます。AIプロバイダーはビジネス向けの新しい言語モデルを発表し、より高い精度とコスト削減を目指しています。特に、CohereはOracleとAzure向けのLLMをリリースし、多言語対応を強化。
OpenAIのカスタマイズ可能なAIなどもあり、Amazonも企業向けツールを拡充。AIを自社開発するか、他社製を採用するかは今も続く議論です。しかし、精度やセキュリティに対する懸念が導入をためらわせており、95%以上の経営者がセキュリティ強化の必要性を感じています。
今後、どのような方向にAIが進むのか、企業が抱える問題とその解決には注目が集まっています。

出典 : https://digiday.jp/brands/ai-briefing-enterprise-ai-has-some-growing-up-to-do/

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :