AIの未来を塗り替える? “ゲーム理論”との融合で新たなステージへ

2024.05.12

WorkWonders

MITの研究チームは、大規模言語モデル(LLM)の一貫性と正確性を向上させるために、「合意ゲーム」という新しい手法を考案しました。普通の質問と選択肢が与えられた質問では答えが異なることがあるLLMの問題点に対処するために、ゲーム理論を使ってモデル同士が合意に達するよう導きます。
このゲームでは、モデルが自らと繰り返し同じ問いをプレイし、お互いの「信念」を学びながら最も合理的な回答に到達しようと試みます。ナッシュ均衡—a-game-theory concept—に到達した際には、モデルは異なる質問形式に対しても首尾一貫した答えを出せるようになります。
試験結果では、合意ゲームをプレイしたモデルがより高い正答率を示しました。さらにDeepMindの研究者たちもゲーム理論を利用し、より戦略的な言語モデルを開発する研究を進めており、インタラクティブな対話や交渉シナリオにおいてモデルの能力を高めています。
AIの未来はこれからも、「遊びながら」前へ進みつづけるでしょう。

出典 : https://www.quantamagazine.org/game-theory-can-make-ai-more-correct-and-efficient-20240509/

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :