AIを活用した業務改革、鹿島市が先駆けて導入

2023.11.17

WorkWonders

鹿島市は、市役所で人間のように文章を生成できるAI「チャットGPT」を導入しました。これにより市報の記事作成や会議の議事録の要約などがスムーズに行われています。

また、自動化された業務では個人情報の取り扱いには十分注意を払い、出力された文章の内容について裏付けをとる慎重な手順が取られています。この新しい試みは県内の自治体で初めてで、他の自治体にも先例を作る事は期待されています。

さらに、市長の松尾勝利さんは、「AIに任せられる仕事は任せ、職員には対面の市民サービスや市外での業務にもっと専念してほしい」と述べています。このようなAIの導入により、市役所の業務は大きく変わりつつあります。

出典 : https://www.asahi.com/articles/ASRBM6TWLRBMTTHB003.html

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :