親子で考える!AIと共に成長する宿題のあり方

2023.11.17

WorkWonders

チャットGPT等の生成AIが宿題の形を変えようとしています。このAIは、賢治の”銀河鉄道の夜”の感想を1200文字で書くなど、あらゆる文章を即座に作成します。しかし、AIを宿題や学習に使う際は注意が必要です。

AIは単に学習したデータを元に文章を生成し、事実と異なる表現も含む可能性があります。子どもたちには、この点を理解させ、「機械はどういう言葉を使うのか」について学び、自分たちの表現方法を深める機会として活用することを勧めます。

文部科学省も、情報活用能力不十分な段階で自由にAIを使わせること、AIの出力のみで学習評価をすることを不適切としています。AIは学習の手助けと考え、親子で使い方を理解し、適切に活用することが求められています。

出典 : https://hochi.news/articles/20231020-OHT1T51119.html

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :