Google Cloudでの手軽なAI機能実装方法を学ぶ

2023.11.17

WorkWonders

この記事では、Google Cloudで安定した画像生成APIを設立する手順を詳しく解説します。これにより、自分のコンピュータが画像レンダリングを行えない方でも、クラウド上で開発を行うことができます。このチュートリアルを終えた時点で、誰でもReplicateの公開APIと同じ機能を持つAPIを自主ホスティングすることが可能となります。

まず、Google Cloudの設定から始めます。具体的には、課金アカウントの設定やCompute Engine APIの有効化が必要です。その後、プロジェクトを作成し、仮想マシンを作ります。そのマシンには`stable-diffusion-project`と名付けるとよいでしょう。

仮想マシン作成後は、インターネットへの公開設定を行います。この際、適切なファイアウォールルールの設定が必須です。また、Google Cloudの料金を抑えるため、使用していないときは仮想マシンをオフにしましょう。

最後に、専用のAPIクライアントを用いて、レスポンスを.pngファイルに変換する方法も解説しています。この記事を通じて、Google CloudでAI機能を自分でホストする方法を身につけることができます。

出典 : https://medium.com/@ba_wolf/host-a-stable-diffusion-api-on-google-compute-engine-eca3794ec605

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :